歯の喪失年齢について

こんにちは、院長の水野です。

今日は、「歯の喪失年齢」について、お話をしたいと思います。

2005年の千葉県歯科保健実態調査によれば、男性のワースト1位は左下顎第2大臼歯(58.2歳)、2位は右下顎第1大臼歯(58.3歳)、3位は左上顎第2小臼歯(59.2歳)。

女性のワースト1位は右上顎第2小臼歯(58.8歳)、2位は右下顎第2大臼歯(59歳)、3位は右下顎第1大臼歯(59.5歳)。

調査結果をみる限りでは、歯の喪失年齢は奥歯が上位をしめています。

奥歯の喪失年齢が早いのは、奥歯周辺は狭くて十分な歯みがきがしずらいことも大きな要因と考えられるでしょう。

プラークは、歯ブラシの毛先が当たらないと取り除くことはできず、プラークを放置するとことでむし歯や歯周病になります。

普段の歯ブラシに加え、デンタルフロスや歯間ブラシなども活用するとよいでしょう。

また、定期的に歯医者さんへ行って、歯のクリーニングや検診をすることもおすすめです。

嚥下(えんげ)について

こんにちは、院長の水野です。

今日は、「嚥下(えんげ)」について、お話しますね。

嚥下とは、食べたり、飲み込んだりするこです。

私たちが普段何気なく行っている嚥下は、話すことや呼吸することとはまた違った動きのバランスを取りながら一連のプロセスで成り立っています。

嚥下がうまくできないと、食べものや唾液が食道ではなく、空気の通り道である気道に入り込んで肺炎などを引き起こす可能性があります。

嚥下機能は加齢とともに低下しやすくなりますが、毎日の歯みがきなどのケアや定期的な歯医者さんでの検診とお掃除を行ったり、食事をする際の姿勢や食事形態を配慮することで緩和させたり現状を維持することができます。

噛むことで脳の血流量が増えて脳が活性化されることはよく知られており、口から食べることで広い意味で生活の質が保たれています。

オーラルフレイルの概念の元、口の中の衛生状態を意識するようになるだけでも、違ってくるように思います。

しばらく歯科医院で検診やクリーニングをしていないと思ったら、一度、お近くの歯医者んさんを受診されてみてはいかがでしょうか。

2022年3月17日 | カテゴリー : 予防歯科 | 投稿者 : smile_user

むし歯の進み方

こんにちは、院長の水野です。

今日は、「むし歯の進み方」について、お話しますね。


むし歯の進行度は、C1からC4まであります。

C1は、歯に黒い着色や白濁(白い斑点)で始まる初期の段階です。
この段階では痛みがなく、自分で気づくことは難しいかもしれません。

C2では、冷たいのものがしみ始めます。
う蝕(むし歯)が象牙質まで進行し、冷たいものでしるなどの自覚症状が現れます。
さらに進むと熱いものまでしみるようになります。

C3の段階では、強い痛みが出ます。

C4は、歯の根っこだけが残っている状態で、痛みはなくなります。
さらに進行して歯の根っ子の先に膿のかたまりができると、歯ぐきの膨張や痛みが出てくることがあります。
ここまでむし歯が進行してしまうと治療がとても大変になります、患者さん本人の負担も増えてしまいます。

定期的に歯医者さんで検診を受けると、初期の段階でむし歯を発見することができます。
また歯のクリーニングも行うことで歯周病予防にもつながります。

しばらく歯医者さんへ行っていないという方は、一度、定期健診に行ってみはいかがでしょうか。

歯周病の進行と症状

こんにちは、院長の水野です。

今日は、「歯周病の進行と症状」について、お話しますね。

歯周病は、国民病と呼ばれるほど一般に広まっている感染症で、歯ぐきや、歯槽骨(歯を支える骨)などが破壊してゆきます。
歯ぐきから血が出る、膿が出る、口臭がひどくなる、歯がぐらぐらする、などの症状が現れます。

最初は歯肉炎といって、炎症が歯ぐきだけに限られます。放置すると、歯周炎に発展します。

初期の歯周炎は、歯を磨いたり、食べものを噛んだときに出血することがあります。
生活改善や歯医者さんでの歯石除去、毎日のブラッシングで健康な状態に戻ることができます。

中等度になると、炎症が進行し歯肉はさらに腫れ、歯と歯茎の間のポケットが深くなり歯石が深い部分にまでついてしまいます。
歯を支える骨の吸収が進んできます。

重度にまでなると、ほとんど骨は吸収されてしまい、歯のぐらぐらが激しくなります。
些細なことで出血したり、膿が出ることもあります。

歯周病は、できるだけ早いうちに処置を施し、進行を遅らせて歯を長持ちさせることが大事です。
進行を遅らせれば遅らせるほど、歯の寿命が長くなります。

プラーク(歯垢)コントロールの柱となるのが、毎日の歯磨きと歯科医院で受けるプロの口腔ケアです。

歯周ポケットの中に入ったプラークや歯石は歯ブラシでは除去できないので、歯科医院で取り除く必要があります。

しばらく歯医者さんへ行っていないという方は、定期健診もかねて、歯のクリーニングをしてみてはいかがでしょうか。

2022年2月24日 | カテゴリー : 予防歯科 | 投稿者 : smile_user

かかりつけ歯科医について

こんにちは、院長の水野です。

今日は、「かかりつけ歯科医」について、お話します。

首都大学東京・星研究室が多摩市高齢者実態調査結果を発表しました。

2001年に65歳以上の13,066人を6年間追跡したところ、かかりつけ歯科医がいる男性の生存率は83%、いない場合は79%。
かかりつけ歯科医がいる女性は91%、いない場合は80%。

かかりつけ歯科医をもつ人は、もたない人より長生きの傾向にあることがわかりました。

十分な口腔ケアができていないと、口臭だけでなく肺炎などの感染症を招き、全身の健康に悪い影響を与えます。

健康寿命を上げるには、残っている歯を含めた口の中と入れ歯、両方のケアが大切です。

定期的に歯医者さんに行くことで、セルフケアだけでは落としきれない歯の汚れをクリーニングしたり、初期の口腔内トラブルを早期発見することができます。

かかりつけ歯科医は、地域に根差ざし、一人ひとりのライフサイクルに沿って口の健康をサポートする頼もしい存在です。

しばらく歯医者に行っていなかったという方は、是非、一度お近くの歯医者さんで検診を受けてみてはいかがでしょうか。

口腔と全身の関係について

こんにちは、院長の水野です。

今日は、「口腔と全身の関係について」について、お話します。

噛んだり話したりするお口の機能は、比較的多くの歯が抜けたまま放置していると低下してゆきます。

これをオーラルフレイルといいます。

オーラルフレイルを放置することで、栄養摂取量が減ったり偏ったりしやすくなります。

具体的には、野菜やお肉などの繊維性食品が食べずらくなり、炭水化物や脂肪の摂取量が増えます。

バランスをとる機能や筋力が低下し、サルコペニアになります。

サルコペニアになると外出なども次第に減ってゆき、心身も耗弱してフレイルになります。

歯が抜けたり、ぐらぐらになる原因は様々ですが、最も多い原因は歯周病です。

歯周病を起こす細菌が血中に入ると動脈硬化症が進行すると共に、血栓ができて、心筋梗塞になることが明らかになっています。

歯周病のケアは、心臓を守る上でも重要といえるでしょう。

また妊婦さんの歯周病は、早産、低体重児出産と関係しています。

初期の歯周病は自覚症状がほとんどありません。

若い方でも生活習慣などで、早くから歯周病になっている方も少なくはありません。

歯周病予防のためにも、定期的に歯医者さんへ行き検診と歯のクリーニングをすることをお勧めします。

歯周病予防の大切さ

こんにちは、院長の水野です。

今日は、「歯周病予防の大切さ」について、お話します。

お口の中には500~700種類の細菌がいるといわれており、お口のケアを頑張っている人でも1000~2000億個の細菌がすみついています。

これらは主に、出産後に母親や家族などのもつ菌が感染したものです。

歯を失う主な原因は、むし歯と歯周病です。

日本人の歯を失う原因の3割はむし歯、4割は歯周病です。

歯周病は歯にこびりついた「プラーク(歯垢)」にすみつく「歯周病菌」の繁殖によって起こる感染症で、歯そのものではなく、歯の周りの歯肉に炎症を起こします。

初期の頃は、歯肉炎といわれ、歯ぐきのふちが炎症した状態です。

歯みがきをすると出血したり、口臭があるなどの症状が現れます。

歯肉炎が進行すると歯周病になり、歯槽骨が溶け始め、出血も多くなり、歯がぐらつきはじめます。

最期にははぐきがブヨブヨになり、噛むと痛みを感じます。

歯周病菌が歯ぐきで生じた炎症物質は、歯ぐきの血管から血流にのって全身に感染し、全身でさまざまな影響を起こすことがわかっています。

また歯周病菌が口から直接気管支や肺に入り、呼吸器に悪い影響を与えることもあります。

歯周病予防のために、定期的に歯医者さんで検診を歯のクリーニングをお勧めしています。

当院では、患者さま一人ひとりのライフスタイルに沿って、歯とお口の健康をサポートしています。

どうぞ気軽にご相談ください。

ガムをかむメリットについて

こんにちは、院長の水野です。

今日は、「ガムをかむメリット」について、お話します。

順天堂大学医学部総合診療科・病院管理学の小林弘幸教授によるロッテの研究によると、ガムを5分間噛むことで、口腔内の免疫グロブリン(lgA)分泌が2.5倍も増加することが確認されました。

ガムを噛むことで味覚刺激と咀嚼刺激が口腔内で相加的に作用し唾液量が増加し免疫グロブリンの分泌が促進された可能性が高いそうです。

唾液中の免疫グロブリンは、口腔内でウィルスや細菌と結合し感染症の予防を担う重要な免疫物質です。

唾液中に免疫グロブリンをしっかり分泌させることはとても重要なことがわかりますね。

ひと息つきたいと思った時に、キシリトールガムを噛んでみるのもよいかもしれませんね。

2021年10月14日 | カテゴリー : 予防歯科 | 投稿者 : smile_user

歯のクリーニングについて

こんにちは、院長の水野です。

今日は、「歯のクリーニング」について、お話しますね。

歯医者さんで行う「歯のクリーニング」は、通常のブラッシングではなかなか取り除けない「バイオフィルム」と呼ばれる細菌が作った膜を除去することができます。

また、歯ブラシの届きずらい汚れがたまりやすくなっている所もきれいに落とすことができます。

プラークを除去し、しつこいバイオフィルムも除去するので、歯本来の白さを取り戻すだけでなく、むし歯・歯周病の予防にも効果があります。

毎日のブラッシングと定期的な歯のクリーニングで、より健康な歯を維持することができます。

当院の定期健診では、歯に問題がなければ予防処置として歯のクリーニングを行っています。

また歯のトラブルで来院された方には、全ての治療が終了したらメンテナンスとして歯のクリーニングを行っています。

歯のクリーニングを定期的に行うことで、むし歯や歯周病予防につながります。

しばらく歯のクリーニングをしていないと思ったら、一度、かかりつけの歯医者さんに行ってみてはいかがでしょうか。

2021年9月30日 | カテゴリー : 予防歯科 | 投稿者 : smile_user

口腔内の乾燥

こんにちは、院長の水野です。

今日は、「口腔内の乾燥」について、お話します。

口腔内が乾燥すると、カンジダが発生したり、自浄作用が低下して感染症を引き起こして誤嚥性肺炎になりやすいなど、様々なマイナスが生じます。

口腔内乾燥は、様々な要因で起こります。

更年期以降の女性や若くてもがん治療により早期閉経してしまった女性にとくに顕著に出てくると言われています。

また降圧薬や降コリン薬の使用や酸素投与などによる影響もあります。

口腔内の乾燥が強いと舌の動きがこわばあり発音が不明瞭になってしまいます。

伝わりづらくなれば、患者さん本人ももどかしくなり、話したいという気力が減ってしまいます。

「話す」を支えているのは、潤いのある口腔内といえるでしょう。

保湿ジェルを塗布したり、保湿液をスプレーするだけでも、口渇感はかなり軽減されます。

口腔内の乾燥を感じたら、毎日の口腔ケアだけでなく、日々の中に保湿ケアを取り入れるとよいでしょう。

口腔内の乾燥が気になったら、ぜひ、一度ご相談くださいね。

関連リンク

  • ドライマウスについて
  • (クリニックブログ)薬の服用とドライマウスについて
  • (クリニックブログ)ドライマウスとシェーグレン症候群