親知らずが気になる

千葉市・四街道市の歯医者さん、親知らず

『奥歯が痛む』『違和感がある』よい場合、それは親知らずが原因かもしれません。

親知らずとは、永久歯が生えそろった後で、奥歯のさらに奥に生えてくる歯のことです。

かつては奥歯としてつかわれていた歯ですが、食生活の変化によって顎が小さくなってきている現代人には、きちんと生えるスペースがないため、横を向いたり斜めになったりして生えてきます。

そのため、トラブルを招きやすいのが特徴です。
気になる親知らずがある場合には、一度、四街道スマイル歯科にご相談ください。

千葉市・四街道市の歯医者、親知らずは抜いたほうがいいの?

親知らずの生え方は、人によってまったく異なります。
中には正しい向きできちんと生え、機能的に問題なくつかえている人もいます。
このような場合の親知らずは、抜く必要はありません。

しかし、すでにトラブルが生じている、また今後起きる可能性が高い親知らずは、抜いたほうがいいでしょう。
 【1】当日は安静に  抜歯した当日は、アルコールの摂取や激しい運動、長時間の入浴など血行を促進する行為は避け、安静にしてすごしましょう。
また、喫煙も傷口の治癒を遅らせてしまうため、お控えください。
 【2】抜いた場所を
さわらない
抜歯した部分は、舌や指などでさわらないように注意してください。
かさぶたができるのを妨げて、細菌が入り込んだり、治癒を遅らせたりしてしまうことがあります。
 【3】うがいは
控える
うがいを強くすると、かさぶたができなくなったり、できたとしてもはがれてしまったりします。
軽く口をゆすぐ程度に留めましょう。また歯みがきは、傷口に注意しておこなうようにしましょう。
 【4】腫れたときの
対処法
抜歯した後は、腫れることがありますが、心配はいりません。
処方された薬を飲んで安静にしていれば、徐々に治まります。
また適度に冷やすのもいいですが、冷やしすぎないようにご注意ください。
 【5】出血へ
の対処法
出血がある場合には、清潔なガーゼやティッシュなどを丸めてしばらく咬んでみてください。
時間が経っても出血が続く場合には、ご相談ください
いつまでも痛みや出血が続く場合には、一度ご来院ください。
すぐに適切な対処をいたします。