口内炎

千葉市・四街道市の歯医者さん、口内炎、ケナログ

四街道スマイル歯科、口内炎治療

「口内炎」とは、口の中や周辺の粘膜に起こる炎症の総称です。
いくつか種類がありますが、もっとも多いのが、はっきりとした原因がわかっていない「アフタ性口内炎」で体調が悪いときにできやすいことが知られています。

歯医者さんでは、口腔用軟膏をつけたりお口の中の消毒をして口内炎を治療します。
また、歯磨きはもちろん虫歯や歯周病の予防や治療をして口内炎が出来にくい口内環境にすることも大切です。


千葉市・四街道市の歯医者さん、口内炎の原因

口の中の小さな傷が原因
口の中を噛んでしまったり、歯磨きで強くこすりすぎたりして傷ができたときに唾液の分泌量が減っていると、傷の中で細菌が繁殖して口内炎になります。
食品アレルギー
特定の食品に対するアレルギーが原因の場合もあります。ただ、アレルギーの原因となる食品を特定することはなかなか難しいというのが現状です。
ビタミン不足
特にビタミンB群が不足することにより口内炎になりやすくなることが分かっています。
がん薬物療法
抗がん剤が口の中の粘膜を刺激し、口内炎ができる場合があります。さらに、白血球数が減少すると口の中の雑菌が増えるためにできやすくなります。
その他
ヘルペス、はしかなどのウイルス性口内炎や、ストレスや全身的な病気が原因となる場合があります。

最後に

 こんにちわ、院長の水野です。
口内炎だと思っていたら口腔ガンだったという症例も有り、口内炎のような症状が2週間以上治らなければ診てもらうことをおすすめします。
口腔ガンは早期発見すれば90%以上の確率で治ると言われています。
痛みがなくても、治りが遅いなあ、ちょっと変だなあと感じた際には、別の病気が隠れている場合もあるので、一度ご来院ください。


千葉市・四街道市の歯医者さん、関連リンク