スマイルレター


スマイルレターは、毎月1日発行のニュースレターです。
受付に置いてありますので、ご自由にお取りください(^^)
裏面のクイズに正解された方には、素敵なプレゼントもご用意していあります!

スマイルレター

スマイルレター2017年2月

四街道スマイル歯科、院内レター

スマイル★FAQ
子どもがまだ小さく虫歯治療ができそうにありません。どうしたらよいですか?

サホライドという治療方法があります!
サホライドというお薬は、歯の表面が解けて虫歯になり始めた所に薬を塗布する事で虫歯が進行しないように抑制します!
まだ治療ができない小さなお子さまの場合、そのお薬をつけて虫歯の進行を止め、治療ができるようになるまで待つなどの対応ができます。
また虫歯になる前に、歯医者さんに通うことでむし歯を予防することができます。
歯医者さんで行うフッ素塗布は、お子さまの歯を虫歯になりづらい強い歯にします。

お母さんの意識が子どもの歯を守る
歯や生えたての永久歯は虫歯になりやすいので、こまめなケアが必要になります。
虫歯になってから大体3ヶ月以内であれば軽い治療ですみますから、お子さんは3ヶ月に1度は定期検診を受けるようにしましょう。
もちろん、定期検診では治療だけでなく予防、歯並びや生え替わりのチェック・対処もできます。
たとえば「乳歯がまだ抜けないのに永久歯が生えてきた」といった場合には、早めに乳歯を抜くことで、永久歯がズレずにきちんとした向き・位置で生えてこられるのです。

2017年2月1日

スマイルレター2017年1月

201701スマイル歯科会報誌
皆様お健やかに佳き初春をお迎えのことと存じます。本年もよろしくお願い申し上げます。
さて今月も、院内イベントや、患者さまからお寄せ頂いたご質問やスタッフをご紹介します!

スマイル★FAQ
入れ歯は慣れるまでに時間がかかりますか?

入れ歯が初めての方は、皆さま少なからず苦労されます。
ほとんどの患者さんは少し異物感を感じられる程度ですが、発音しにくいという方が多いようです。
しかし、入れ歯を付けないでいると入れ歯が合わなくなるだけでなく、お口の中にも様々な悪影響を及ぼします。入れ歯を付けてしばらくの間は「慣れる」「調整する」必要があります。
例えば靴。新しい靴は、疲れやすかったり、痛かったりといった事がありますが、履き続けることで、足に馴染み快適に歩くことが出来るようになります。
入れ歯も同じように食事や話し方になれ、痛みがあるときは調整し、徐々にお口に馴染ませることが必要です。

入れ歯のページはこちら

2017年1月4日