妊娠中のお口の中の変化

妊婦さんのお口の中はこれだけ変化します。

妊娠中はホルモンのバランスが変化し、多くの妊婦さんがつわりを経験されます。
そして身体が変化するだけでなく、お口の環境も変化します。

  • 歯周病菌が育ちやすくなってしまいます
  • 歯肉の免疫力が低下します
  • 唾液の分泌量が低下します
  • 酸を中和する唾液の力が落ち、再石灰化する働きが低下します
  • つわりによる「ちょこちょこ食べ」で歯の再石灰化ができなくなります

妊娠中は以下のような症状が起こりやすくなります。

妊娠性歯肉炎

女性ホルモンの増加やつわりなどによりお口のケアがあまりできなくなることで、歯肉炎を発症します。
妊娠初期からみられ妊娠中期頃に最も多く見られます。

虫歯

つわりによりお口のケアがしっかりできなくなり、嘔吐による胃酸が歯の表面を溶かすことなども加わり、虫歯になりやすくなります

妊娠性エプーリス

妊娠中のホルモンの影響により歯ぐきの一部に良性のコブのようなものをつくることがあります
千葉市・四街道市の歯医者さん、関連リンク
千葉市・四街道市の歯医者さん、妊娠中千葉市・四街道市の歯医者さん、子どもの泣き予防千葉市・四街道市の歯医者さん、マイナス1才からのむし歯予防