むし歯

千葉市・四街道市の歯医者さん、むし歯治療

むし歯は知らない人がいないくらいポピュラーば病気です。
『むし歯も嫌だけど、治療も痛そうで嫌』という方も少なくないのではないでしょうか。

しかし、むし歯は進行すればするほど歯を削る量が増え、治療の痛みも増す病気です。
『むし歯かな?』と思ったら、早めにご来院ください。

早期の治療で、歯のためにも、治療時間や費用などの負担を抑えることができます!

四街道スマイル歯科では、できるだけ歯を削らずに修復するをコンセプトに治療を行っています。
また予防歯科に力を入れ、むし歯のできずらい口内環境を目指しています。


どうして、むし歯になるの?

むし歯は酸で歯が溶ける病気です。
表面のエナメル質が壊れると内部に感染が生じて、やがて歯の神経にも影響が及びます。

再石灰化治療


初期なら、口の中の環境を改善することで、削らずに治せる可能性が高いです。
むし歯を進行させる原因となるプラークを除去することで、むし歯の進行停止や回復を目指します。

”ミニマルインターベンション”~できるだけ歯を削らずに修復する


石灰化治療で対応できないときは、削って詰める修復治療が必要です。
歯は、削ったり神経を抜いたりすると壊れやすくなります。
四街道スマイル歯科では、”ミニマルインターベンション”の概念の元、最小限の処置で歯を守る努力をしています。

神経を除去する”抜髄”


神経を抜くと歯はもろくなる欠点があるので、できるだけ保存します。
とはいえ、黙っていても痛かったり、熱いものがしみるようになったら神経を抜く必要があります。

死んだ神経を除去する”根幹治療”


根幹治療”は”抜髄”と似ていますが、取り出す歯髄が生きているか死んでいるかで、難易度は著しく異なります。
ボロボロになった歯髄の残骸を取り出し、複雑にカーブした根管の形を整える根管治療は、歯科のなかでも非常に難しい治療です。

関連ページ