研修会に参加しました

こんにちわ、院長の水野です。

昨夜は、保険医協会の研修会に参加しました。

「偶発症発生時の緊急対応」、
「歯科診療室における感染症対策」、
「医療事故~日本医療機能評価機構の事例集から~」

が演題でした。

患者さまが安心して頂ける体制作りの大切さを改めて感じました。
また偶発症発生時の緊急対応に備え、設備強化により力を入れていきたいと考えています。

口腔介護アドバイザー

先日、スタッフが口腔介護アドバイザーの講習を受け、認定資格を取得しました。

千葉市・四街道市の歯医者さん、口腔介護アドバイザー認定資格を取得しました。 千葉市・四街道市の歯医者さん、口腔介護アドバイザーの講習会の様子
講師さんが、ロボットを使って口腔ケアの説明をしている様子です。

当院では、9月スタートを目標に、
専門知識を持ったスタッフが口腔介護アドバイザーとして、気軽に相談できる体制作りを進めています。

講習会では、ビニール手袋をしていませんが、
治療時には、患者さまごとに必ず新しいものと交換していますので、ご安心くださいね。

研修会に参加しました

こんにちわ、院長の水野です。

昨夜は、保険医協会の研修会に参加しました。

「高齢者の心身の特性、緊急時の対応について」
「高齢者の口腔機能管理のあり方」

が演題でした。

当院では、
ご来院される元気なご高齢者の患者さまがいつまでも健康でいられるよう、
口腔介護の知識と予防意識を持って、治療にあたっています。

日々進化する医療技術をキャッチし、患者さまが安心して頂ける医療の提供に努めたいと思います。

院内研修を行いました。

本日は、午後を休診とさせて頂き、院内研修を実施しました。

外部の講師を招いて義歯(入れ歯)を中心にした講習のほか、口腔介護について少し触れました。

専門スタッフによる口腔介護アドバイスのサービス提供は、9月スタートを目標に進めています。

口腔ケアのご相談に対する対応が中心になるかと思いますが、必要に応じて公的な制度やボランティア団体などのご紹介もできればと考えています。

今回は、研修内容に「介護保険制度」について取り上げました。
20~30代のスタッフさん中心のため、専門スタッフ以外は、詳細を知らない人が大半でした。

「介護保険制度」とは、簡単に言えば、支援を必要と感じる65才以上の方が市役所に申請することで、介護認定をうけることができます。
千葉市・四街道市の歯医者さん、口腔介護

要介護1~5、要支援1~2段階に分類され、分類に応じてお金やサービスの支援を受けることができます。
受給を恥ずかしいと感じたり、制度を知らなかったために、家族だけでの介護でパンク状態になってしまう方も少なくないようですね。
わたしは、必要なサービスを必要な方が受けるというのは、大事なことだと思います。

2月24日院内研修を行いました

四街道スマイル歯科では、本日、院内研修を行いました。
今回は、外部から講師を呼び、補綴物(詰め物や被せ物)について学びました。

IMG_7040 四街道スマイル歯科の院内研修

補綴物は素材によって、保険適用であったり天然歯に近い見た目にできたりと特徴や長所短所があります。
非金属なのに金属よりも硬い素材もあるんですよ!

今後は、患者さまが治療内容を選択するうえで、分かりやすい見本(模型)や説明資料などをさらに充実させてゆきたいですね。

院内研修会

地域密着型のやさしい歯医者さん、四街道スマイル歯科では定期的に院内研修を行っております。
成田デンタルから講師をお招きして、院内研修会を実施しました。

四街道スマイル歯科院内研修 img_4888
おじきなどの基本的な接遇研修をはじめ、
皆さんが日頃の業務で気づいたことなどを話し合いました。

また今回は、スポーツ用マウスガードについて学びました。
マウスガードは口の中の保護装置で、マウスピースとも呼ばれています。
スポーツ用マウスピースは外力から顎と口のまわりへの衝撃をやわらげ、歯の破折や顎の骨折などのケガを防止するもので、脳震盪(のうしんとう)の予防にも効果的です。

よくご質問のある治療内容などは、院内の研修時に繰り返し学習し、スムーズなご案内を目指しています。

2016年11月11日 | カテゴリー : 研修会 | 投稿者 : smile_user

院内研修しました

今回は、『子ども泣き予防』を中心に院内研修を行いました。

四街道スマイル歯科では、子どもが笑顔になる歯医者さんを目指し、『泣き予防』に力を入れています。

『泣き予防』は、立派な虫歯予防の1つです。
だって、泣いてしまてお口の中を見れなよりも、笑顔で『フッ素塗布』や『早期に虫歯治療』ができる方が良いですからね!

当院では、お子さまが泣いてしまうタイミングというのを研究しています。

最初の『泣きタイミング』は、『待合室』です。

待合室の雰囲気に緊張してしまったり、保護者さまの不安が伝染してしまった、また前の歯医者さんで怖い目にあったなどなど。
このタイミングで泣いてしまう理由も様々です。
そこで、四街道スマイル歯科では、明るい笑顔でスタッフが『おもちゃのくじ引き』を提供したり、楽しい『キッズルーム』をご用意!
絵本やおもちゃなど、待合室の良い雰囲気づくりを心掛けています!
000m343411111
泣き予防のページはこちら

今回の研修では、次の泣きタイミングである『診療室』での正しい対応を勉強しました。

診療室に入ったタイミングで泣いてしまう原因もさまざまです。
診療室の雰囲気に対する不安、保護者から引き離された、保護者さまから「痛くないからね」と言われて不安感が増した、などなど。

そこで、まずはスタッフが笑顔でご挨拶して、緊張をほぐします!
診療室のいたるところに隠れている可愛い仲間たちも、お子さまの不安感を和らげます。
000m2451000m2441000m2461

笑顔でお子さまに話しかける練習を、スタッフ一人ずつ行いました。

会話の内容も重要です。
「怖くないからね」「痛くないからね」、実はこれらの言葉は逆効果になります(^^;
そこで!
「今日はどうやってきのた?自転車かな?」
「毎日、歯を磨いているの?」
など、プラスの言葉を使うことで、安心してお口を開けて貰いやすくなります。

研修を積み重ねることによって、一人でも多くのお子さまの虫歯予防につなげて行きたいと思います。

2016年10月19日 | カテゴリー : 研修会 | 投稿者 : smile_user

院内研修会

地域密着型のやさしい歯医者さん、四街道スマイル歯科では定期的に院内研修を行っております。
今回は、成田デンタルから講師の方をお招きして、院内研修会を実施しました。
fullsizerender
今回はの研修では、『印象剤・石膏の取り扱い方』を学びました。
講義形式のあと、一人ずつ実技練習を行いました。
正しい取り扱い方や保存法などを再確認することで、作り直しゼロを目指してゆきたいと思います。

2016年9月10日 | カテゴリー : 研修会 | 投稿者 : smile_user

接遇研修会

本日は、院内にて『接遇研修会』を実施しました。

今回の研修では、ボイスレコーダーを使いました。
電話対応中に録音した自分自身の声をあとから確認します。
普段自分で耳にしている声よりも、少し声が高いことがわります。
また、口調が早すぎないかなどの目安にもなります。

初診の患者さまからのお電話でも、聞き取りやすい口調でご案内できるよう日々精進していきたいと思います。

2016年7月16日 | カテゴリー : 研修会 | 投稿者 : smile_user