知覚過敏

歯がしみる、それって知覚過敏?
千葉市・四街道市の歯医者さん、歯がしみる


千葉市・四街道市の歯医者さん、知覚過敏イメージ

熱いものや冷たいものを食べたり飲んだりするときに、瞬間的な鋭い痛みを感じる場合、それは知覚過敏かもしれません。
知覚過敏は、歯のエナメル質の内側にある「象牙質」と呼ばれる歯のやわらかい部分の露出が原因で起こります。
健康な歯の表面はエナメル質で覆われ、外側からの刺激を遮断する役割を果たしています。
このエナメル質がはがれたり、歯周病や加齢で歯グキが下がったりして象牙質が露出すると、象牙細管という細い管を通じて歯髄に直接刺激が伝わるようになり、シミる不快感や瞬間的な激痛を引き起こします。


知覚過敏の原因はさまざまです。

  • 歯周病
    歯周病により歯周組織が炎症を起こし、歯グキが退縮して象牙質の表面が露出すると、知覚過敏を引き起こすことがあります。
    歯周病の人の72~90%が知覚過敏だというデータもあります。
  • 歯ぎしり
    睡眠中に歯ぎしりをしたり、頻繁に歯を噛みしめていたりすると、歯の表面のエナメル質がはがれ、その下にある象牙質が露出する場合があります。
  • 無理なブラッシング
    ハミガキの回数が多すぎたり、力を入れすぎたり、また毛先が硬いハブラシを使ったりすると、歯の表面のエナメル質を削り取ってしまう可能性があります。
    また歯グキが下がる原因にもなり、象牙質の露出が進む場合もあります。

知覚過敏かな?と思ったら

知覚過敏の進行状況によって治療内容が変わります。
放っておくと症状がひどくなる場合がありますので、一度ご相談下さい。


千葉市・四街道市の歯医者さん、関連リンク
千葉市・四街道市の歯医者さん、はじめての方へ 千葉市・四街道市の歯医者さん四街道スマイル歯科、歯が痛い 千葉市・四街道市の歯医者さん、銀歯がとれた

千葉市・四街道市の歯医者さん、マイナス1才からのむし歯予防 千葉市・四街道市の歯医者さん、入れ歯が痛い