歯を抜いたその後の治療法

こんにちわ、院長の水野です!

今日は、歯を抜いたその後の治療法についてお話しますね。

失った歯を補う治療法にはブリッジ、入れ歯、インプラントなどがあります。

ブリッジは固定式で違和感がありませんが、支えとなる歯を削る必要があります。

入れ歯はほとんどの方に適応でき費用の負担も少なくすみますが、違和感があり噛む力も弱まるため慣れるまでに時間と調整が必要になる場合があります。

インプラントは見た目は天然の歯と変わらず、違和感もほとんどありませんが
保険が適用されず、治療期間も長くなり手術が必要なため、しっかり説明を受けることが大切です。

またブリッジや入れ歯にも保険適用外のものもあり、見た目や機能性のよくすることもできるんですよ。

歯を抜いた後の治療法は、お口の状態や全身疾患の有無などで最適な治療法が変わってきますので、必ずしも患者さんのご希望に沿うことができない場合もあります。

当院では、インフォームドコンセントに重点をおき、患者さまの意向を十分に理解した治療に最善を尽くすよう常に意識しています。

早めのご相談で選択肢が増える場合もありますので、どうぞ歯科検診などで気軽にご来院くださいね。

インプラントはその後のメンテナンスが重要

こんにちわ、院長の水野です。

今日は、インプラント治療をした際のその後についてお話しますね。

歯周病などの何らかの理由で歯を失い、そこにインプラント治療をているため、健康な歯以上にメインテナンスが重要にとなってきます。

また、メインテナンスを放置すると、天然の歯と同じように、歯周病のような状態“インプラント周囲炎”を発症する可能性があります。

せっかくインプラント治療を受けたのですから、定期的にメンテナンスを受けて長持ちさせたいものですね。