予防医学は歯科での治療やメンテナンスから

こんにちわ、院長の水野です。

近年は歯科の分野でも、予防医学の重要性が叫ばれるようになりましたね。

口腔内の病原菌に対する治療やメンテナンスは、生活習慣病の改善や感染症の予防につながります。

また口腔機能低下は、心身活動の低下と全身的運動機能の低下に大きく影響します。

エイジングケアや予防医学の最初の段階が歯科の役割になるのです。

歯の痛みがなくても、しばらく歯医者さんに行っていない方は一度健診に行かれてもよいかもしれませんね。

2017年5月11日 | カテゴリー : 予防歯科 | 投稿者 : smile_user